太っている

太っていると思っている人!内臓脂肪という体脂肪を考えた?

 

太っているというのはどんな状態かということから説明します。太っていると思っている人は、まず体重が気になります。毎日のように体重計にのっている人もいるでしよう!

 

体重は太っているかどうかの目安のひとつであることは確かですが、体重が重いから太っているとは断言できません。

 

体重が重くても、筋肉質で脂肪が少ない人もいるし水分が多くてむくんでいる人もいます。反対に体重が軽いのに脂肪が多い隠れ肥満の人もいます。

 

注目すべきは、体重より体脂肪なのです。太っているとは、体脂肪が必要以上に蓄積した状態のこと。太っているってどんなに体重が軽くても、脂肪が多い人は太っているのです!本当に太っている体とは、体脂肪が必要以上についている体のことです。

 

体脂肪の適量とは、どのくらいなのでしょうか?

 

体脂肪計付きのへルスメーターで自分の体脂肪を測ってみましよう。成人女性なら20〜25%が正常範囲で、30%以上になると肥満です。

 

成人男性では15〜20%が正常範囲、25%以上が肥満です。体脂肪は少なければ少ないほどいいというものではありません。

 

体脂肪は、飢餓状態に陥ったときにエネルギー源として使われたり、暑さや寒さから体を守ったり、内臓を保護したりといった、体にとって欠かせない大事な働きをしています。

 

 

太っていると感じた時お腹の脂肪をつまんだりしませんか?

 

皮下脂肪だけではありません!内臓脂肪も原因。太っていると感じたとき、お腹の脂肪をつまんでみたりしませんか。

 

皮虜のすぐ下についている皮下脂肪は、指でつまめるので、確認しやすい脂肪です。お腹だけでなく、あごや二の腕、ウェストまわり、太もも、など全身についています。

 

それと内臓のまわりだけにつく内臓脂肪とい体脂肪があります。CTスキャンなどでお腹の断面図を見ないとどのぐらいついているかわからない脂肪です。

 

指でつまめないので見落としがちですが、外見は太っていないのに体脂肪率が高い隠れ肥満タイプの人は、内臓脂肪が多い可能性がありこれを解消しないと、出っ張ったお腹がなかなかへこみません。

 

体脂肪がたまる要因は、確実に食べすぎです!食べ物で取り込んだ栄養が消費されないと脂肪が、エネルギー源としてどんどん蓄積されてしまいます。

 

内臓脂肪はつきやすいけれど消費もされやすく、対して皮下脂肪はつきにくいけど、消費もされにくいのです。

 

内臓脂肪が多いと高血圧、糖尿病、心臓病などの生活習?病になりやすいということもあるので、美容の悩み:もさることながら健康のためにも解消しておきたい脂肪です。

 

内臓脂肪の多いタイプは、最近は女性にも増えているといわれています。

 

女性はもともと皮下脂肪がつきやすいので、内臓脂肪と皮下脂肪のどちらも多いというタイプが増えてきているのです。

 

ひとつの脂肪だけに注目していては、完全にはやせられません。皮下脂肪と内臓脂肪の両方を燃やすことで、理想の体形になれるわけです!

 

 

 

太っていると感じているなら体脂肪がつきやすいタイプかまずチェック!

 

油っこい料理や濃い味つけのものが好き
間食が好きでついつい食べてしまう
お酒が好きでよく飲む
朝食は抜きか軽めで夕食をドーンと食べる
食べるのが速く、あまり噛んでいない、
清涼飲料水やスポーツドリンクをよく飲む
寝る前に、つまみ食いしたり、 お洒を飲んだりすることが多い
一日トータルで、1時間も歩いていない

階段よりエスカレーターや エレベーターを利用する
ストレスが多い生活で、イライラしがち

 

 

体脂肪を燃焼させるには腹式呼吸を覚えて下さい!

 

新陳代謝をアップして、脂肪の燃える体になる呼吸法には、胸式呼吸と腹式呼吸があります。

 

ふだん無意識のうちに行っているのは胸式呼吸で、息を吸ったときに、胸がふくらんでおなかがへこみ、息を吐いたときに、背中が丸くなっておなかがふくらむ呼吸です。

 

それに対し、腹式呼吸はおなかが、息を吸ったときにふくらみ、吐いたときにベちやんこになります。体脂肪を燃焼させるためには腹式呼吸を覚えることが必要です!

 

今まで運動も何もしていなかった人は、腹式呼吸を正しくしっかり行うだけで、かなりのエクササイズになります。なかには汗が出てくる人もいるでしよう。

 

座ったまま、呼吸を整えるだけでそんなにと不思議に思うかもしれませんが、実行してみてください。腹式呼吸では、おなかの中に空気をたっぷりと取り込みます。すると、全身に新鮮な酸素が十分にいきわたるので、体の隅々で新しい細胞が生まれ、古くなった細胞は老廃物としてスムーズに排泄されます。

 

つまり、体全体の新陳代謝がよくなるのです。代謝のいい体は、何もしなくてもエネルギーの消費量が増えるので、体脂肪が次第にメラメラと燃え出しますとくに、体の内側にある内臓脂肪がよく燃えます!

 

代謝のいい体になると、体脂肪が燃えるだけでなく血行もよくなって顔のくすみが取れる、疲れにくくなって健康になります!隠れ肥満も解消されます。

 

 

ストレッチは太っている全身を引締めしなやかな筋肉をつけます!

 

ストレッチとは筋肉を伸ばすことです。エクササイズ(運動)を始める前のウォーミングアップとして、または運動後のクールダウンとして行われたり、凝った筋肉をほぐすために行われたりします。

 

運動とストレッチではそもそも筋肉のつき方が違うのです。運動でつくられるのは硬い筋肉、ストレッチは体の中に柔らかい筋肉をつくります。

 

ストレッチを毎日続けることで外側からは見えないけれど、必要な筋肉がきちんとついた体になります!ウェストがくびれ、見た目がほっそりした体形です。

 

ストレッチは、腹式呼吸と合わせて行います。おなかいっぱいに空気を吸い、それを吐き出しながら筋肉を伸ばします。

 

使っている筋肉に酸素を送り込みながら行うことで、よりしなやかな筋肉がつくられます。それと同時に、腹式呼吸によるエネルギー消費が付加されるのでただストレッチを行うより数倍のダイエッ卜効果がみられます。

 

太っていると感じているなら,本当の肥満になる前に体脂肪を燃焼させる腹式呼吸とストレッチを得とくして下さい!

 

 

今までダイエットに失敗してきたあなた!必見です!!

ダイエット